Live Introの機能

Live Introには、StandardやSuiteと同じ機能が数多く含まれていますが、いくつかの制約があります。こちらの機能比較表では、バージョンごとの違いをまとめています。

アレンジメントビュー、セッションビュー、非破壊方式の音声編集、MIDIのキャプチャなど、Liveの主要な作業機能の多くは、Introにも含まれています。

Introの“Core Library”には、オーディオ/MIDIエフェクトサウンド(音素材)などが多彩に含まれており、トラック上へ無制限に重ね合わせられます。オーディオ/MIDIトラックの最大数は16です。

追加された機能

Live 11では、コンピング、MPE、テンポ追従、MIDIノートの発音率、不規則にベロシティを変化させる範囲のほか、数多くの新機能がIntroに加わりました。

Introで使用できるシーンの数が増えました。最大16シーンを扱うことができます。

Live 11 Introでは、ビデオの読み込みと書き出しを行えるようになりました。

旧バージョンのIntro(Live 10 Introなど)からLive 11へアップグレードする価格は、Abletonのウェブショップで確認できます。