32ビット版のLiveの販売完了について

  • 対象となるOS:すべて
  • 対象となるLiveのバージョン: Live 1 ~ 9

Liveの使用中にメモリ不足によるクラッシュが慢性的に発生したため、Live 9をもって32ビット・バージョンの提供を終了しました。 Live 10以降は、64ビット版のみを利用できます。 両バージョンをコンピュータにインストールすることも可能です。32ビット・バージョンのLiveを使い続ける必要があるときに行ってください。

【重要】Live 9の32ビット・バージョンをお持ちの方は、今後もお使いのアカウントからダウンロードして使用できます。

32ビット版のLiveでは、最大で4GBのRAMまでしか使うことができません。大容量のマルチサンプルやメモリ負荷の高いプラグインを使うと、すぐにメモリが不足してクラッシュが発生します。 対照的に64ビット版のLiveでは、理論上、最大16EB(エクサバイト)のRAMを使用できます。これは、一般のコンピュータに搭載されているRAMよりもはるかに大きい数値です。 このため、64ビット版では、さらにメモリ負荷の高い大容量のLiveセットで作業を行えるようになります。

以前のプラグイン:32ビット・バージョンで動作するプラグインを引き続き使う場合は、jBridge32 Livesでそうしたプラグインを変換して使ってください。設定方法はこちらから確認できます( WindowsMac )。

参考記事:さらに詳しい情報については、64ビット・バージョンと32ビット・バージョンに関するよくあるご質問 を確認してください。