ReWireの機能と制約

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

Rewireとは何ですか?

ReWireとは、Propellerheadによって開発されたソフトウェアのプロトコルです。ReWireを使うと、同じコンピュータ上にあるふたつのDAWを同期させたり、一方のDAW(ReWireホスト)からもう一方のDAW(ReWireデバイス)に音声やMIDIの信号を流すことができます。

Liveは、ReWireホストとReWireデバイスのどちらとしても使用できます。 しかし、DAWの中にはReWireホストとしてしか使用できないものがあります。

別のDAWとReWireを設定するには、どうすればいいですか?

こちらのページで、主要なDAWとReWireを設定する方法を確認することができます。

ReWireを使っていて問題が発生しました。どのように解決すればいいですか?

こちらのページで、ReWireに関するトラブルシューティングを確認することができます。

Live内でReWireのチャンネルを増やすには、どうすればいいですか?

ファイル“Options.txt”を使うことで、ReWireのチャンネルを最大64チャンネルまで増やすことができます。

LiveをReWireデバイスとして使用するときに、Max for Liveデバイスを使用できますか?

Max for Liveデバイスを使用できるのは、Liveを単体で使用しているときか、ReWireホストとして使用しているときのみです。

LiveをReWireデバイスとして使用するときに、LiveでVSTプラグインを使用することはできますか?

LiveでVSTプラグインを使用できるのは、Liveを単体で使用しているときか、ReWireホストとして使用しているときのみです。

LiveをReWireデバイスとして使用するときに、個別の音声出力でオーディオファイルを試聴することはできますか?

オーディオインターフェースはReWireホストのDAWによって使用されるため、そのオーディオインターフェースの音声出力をLiveは使用できません。そのため、LiveがReWireデバイスになっているときは、個別の音声出力で試聴することはできません。

ReWireでトラックの接続設定を個別に行うには、どうすればいいですか?

Liveの入力/出力セクションにある出力チャンネルの選択リストで出力を個別に設定して、その出力をReWireホストのDAWのトラックへ個別に入力するように設定する必要があります。 こちらのページでは、ReWireの使用方法を確認することができます。

ふたつのDAWとLiveを同時にReWireで使用することはできますか?

はい。お使いのコンピュータの性能が十分であれば、Liveを含めた3つのDAWを同時に使用することができます。

Cubaseを使用していて、ReWireのミキサーチャンネルを使い切っている場合、 Live側でReWireのチャンネル数を制限することはできますか?

はい。ファイル“Options.txt”を使うことでReWireのチャンネル数を制限することができます。

ReWireを使用中にMIDIコントローラを使うことはできますか?

LiveがReWireホストになっている場合は、どのバージョンのLiveでもMIDIコントローラを使用することができます。 Live 10ではReWireデバイスになっているときでも、MIDIコントローラの使用に対応しています。ただし、それ以前のバージョンのLiveでは、対応していません。