VST/AUプラグインが表示されない

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

VSTやAudio Units(AU)のプラグインがLiveに表示されない場合、次の手順にそって操作を行ってください。

適切なプラグインソースを有効にする

[環境設定]の[File / Folder]タブを開き、プラグインソースの設定を確認します。

Screen_Shot_2018-01-29_at_17.02.45.png

  • MacでAUプラグインを使用している場合は[Audio Unitsを使用する]を有効にします。
  • VSTプラグインシステムフォルダを使用している場合は[プラグインシステムフォルダ]を有効にします。
  • プラグインカスタムフォルダを使用している場合は[ブラウズ]でそのフォルダを選び、[プラグインカスタムフォルダを使用する]を有効にしてください。

プラグインを再スキャンする

Liveを使用中にプラグインをインストールした場合は[プラグインを再スキャン]をクリックしてください。 インストールしたすべてのプラグインの再スキャンを行うには、[Option]キー(Mac)/[Alt]キー(Windows)を押したまま[プラグインを再スキャン]をクリックします。

適切なバージョンのプラグインをインストールする

  • 32ビットプラグインは、64ビットバージョンのLiveに表示されません(64ビットプラグインは、32ビットバージョンのLiveに表示されません)。
  • 【注意】Live 10でご利用できるのは、64ビットバージョンのみです。
  • 32ビットプラグインは、jBridgeや32Livesといったサードパーティー製プログラムで変換しないかぎり、Live 10に表示されません。
  • 最近のプラグインの一部は、64ビットでのみ利用できます(Kontakt version 5.1など)。 Liveの32ビットバージョンを使用している場合は、表示されません。
  • 32ビットと64ビットのプラグインを同じ名前のフォルダに保存しないことを推奨しています。
  • LiveはVST3に対応していません。 VST3プラグインをインストールした場合は、代わりにVST2バージョンがあるかどうかを確認してください。 Macを使用している場合は、AUバージョンを利用できる可能性があります。

プラグインをアップデートする

プラグインの製造元のウェブサイトで、最新バージョンのプラグインをインストールしていることと、お使いのOSに対応していることを確認してください。 Windowsを使用している場合は、Visual C++ 2010 SP1をインストール済みであることを確認してください。Visual C++ 2010 SP1で開発された64ビット用アプリケーションを動作させるのに必要です。

適切な場所にプラグインをインストールする

初期設定で選択されているインストール場所を確認してください。

スタンドアロン/VSTバージョンをインストール後に移動しない(Windows)

  • プラグインのスタンドアロン・アプリケーションを移動したり、名前の変更、アンインストールを行ったりすると、そのVSTプラグインが動作しなくなることがあります。
  • 常にVSTプラグインを正しいフォルダへインストールしてください。インストール後に手動でDllファイルを移動することは控えてください。

管理者権限を使用する(Windows)

特定のプラグインでは、Liveの起動に管理者権限が求められます。 例として、ToontrackのEZDrummerのように、プラグインからLiveへMIDIクリップをドラッグできるようになるプラグインが挙げられます。