オーディオインターフェースでASIO4ALLを設定する方法(Windows)

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:Windows

ASIO4ALLは、標準規格となっている無償のWindows向け音声用ドライバで、ASIOに対応しています。

お持ちのオーディオインターフェースに純正のASIOドライバが搭載されている場合、そのASIOドライバの使用を推奨しています。 お持ちのオーディオインターフェースに純正のASIOドライバが搭載されていない場合や、お使いのドライバに問題が発生している場合は、ASIO4ALLを代わりに使うことができます。

オーディオインターフェースでASIO4ALLを設定するには、次の手順にしたがって操作を行ってください。

  1. ASIO4ALLの最新バージョンをダウンロードしてインストールします。
  2. Liveを起動して、[環境設定]の[Audio]タブを開きます。
  3. ドライバタイプ”で“ASIO”を選び、“オーディオデバイス”で“ASIO4ALL v2”を選びます。
    Capture.JPG
  4. ハードウェア設定]をクリックすると、 ASIO4ALLのウィンドウが表示されます。
  5. ウィンドウの左側に表示されるオーディオインターフェース名の左にある[+]アイコンをクリックすると、オーディオインターフェースの入出力が表示されます。入出力を有効にするには、入出力名の左にある電源アイコンをクリックします。 【注意】ASIO4ALLでは、1種類のオーディオインターフェースのみを有効にすることを推奨しています。 次の画像では、M-AudioのFast Track Proを有効にして、入力チャンネル1/2と出力チャンネル1/2を使っています。
    ASIO4ALLDeviceSetupv2.png
  6. ウィンドウの下部にあるスライドバーを使うと、オーディオ・バッファサイズを調節できます(画像参照)。

オーディオインターフェースの設定方法の詳細については、次のチュートリアルビデオを確認してください。