Push 2:ディスプレイのグラフィック表示エラー(Windows)

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 9.5以降
  • 対象となるOS:Windows 7/8/10

Push 2のディスプレイに、ぼやけた文字が表示されたり、意図しないものが表示されることがあります。ピクセルの欠落や、余分なピクセルの表示のほか、波形やメーターの欠落が起こる場合もあります。 Push 2のディスプレイの表示は、コンピュータのグラフィックカードによって行われるため、グラフィックカードのドライバが最新のものでない場合、表示に問題が発生することがあります。次の画像は、その様子です。

手順1. グラフィックカードのドライバをアップデートする

Liveを閉じて、Push 2をコンピュータから外します。 次のページの手順で、グラフィックカードのドライバをアップデートします。

ドライバがアップデートされたら、Push 2を再接続してLiveを起動します。 引き続き問題が発生する場合は、手順2の操作を行います。

手順2. ディスクリート・グラフィックカード(単体グラフィックカード)のみを使用する

お使いのコンピュータに統合グラフィックカードと単体グラフィックカードの両方がある場合、単体グラフィックカードを使用したほうが、優れた性能を得られることがあります。 方法は、グラフィックカードによって異なります。 さまざまな方法を紹介しているSeratoのページを確認してください。

その他のトラブルシューティング

OpenGL 3以降のバージョンに対応しているか確認する

グラフィックカードのドライバをアップデートしても問題が解決しない場合は、OpenGL 3以降のバージョンに対応しているか確認してください。 Push 2では、ディスプレイへ効果的に表示を行うためにOpenGL 3以降のバージョンが必要になります。 お持ちのグラフィックカードが対応しているかテストするには、無料の診断ツールをダウンロードしてください。

デュアル・グラフィックカードが搭載されている

デュアル・グラフィックカード(デュアルGPU)を搭載したコンピュータでは、統合グラフィックカードは単体グラフィックカードほど機能しない場合があります。 特定の場合では、強制的に単体グラフィックカードのみを使ってPush 2のディスプレイ表示を行うことができます。 その設定方法については、こちらの外部ページで説明されています。
【注意】製造元によって、この手段が使えない場合があります。

Push 2の設定方法に関するページでは、別のトラブルシューティングを確認することができます。